乾燥肌を改善するには保湿成分を・・・

 

空気が乾燥する冬の時期だけでなく、常に肌が乾燥するというお悩みを抱えている女性は多くいらっしゃいます。

そんな乾燥肌は、肌の表面がカサカサして潤いがなくトラブルを起こしやすい状態ですが、これは、肌内部の表皮という部分にある角質層の中に、本来、保たれている水分が蒸発して失われているために起こる症状です。

健康的な肌は角質層内でバリヤ機能を形成し、その中で「角質細胞間脂質」と言われるセラミドなどの保湿成分が水分量を維持して肌の乾燥を防いでいます。

セラミドなどの保湿成分がバリヤ機能内でしっかりと働いていれば、空気が乾燥する冬の時期や湿度が0%になっても、角質層内の水分は蒸発しません。

バリヤ機能は、表皮の一番上の肌の表面に位置する角質層の中にありますが、角質層は僅か0.02mmの薄い膜です。

ですが、その薄い膜の中で水分量を維持して、また、外部からの異物や紫外線などが入り込まないようにブロックして肌を守るという重要な働きをしています。

このバリヤ機能は、表皮の一番下に位置する基底層からターンオーバーによって押し上げられた表皮細胞が薄い角質細胞となって約20層のレンガ状に積み重なってできています。

そして、そのレンガ状の隙間を、セラミドなどの角質細胞間脂質がしっかりと埋めて、水分の蒸発と外部からの異物の侵入を防いでいます。

ちなみに、健康的な肌はバリヤ機能によって角質層内に約20~30%の水分量が維持されていますが、これが20%以下になると乾燥肌ということになります。

このように、バリヤ機能内で水分量を維持しているのはセラミドの働きが大きいのですが、その他に、水分を維持する割合は少ないですが「皮脂」と「天然保湿因子」もあります。

しかし、肌内部で作られるセラミドの量は、年齢を重ねるとともに加齢の影響で徐々に低下してしまいます。

さらに、間違ったスキンケアなどでも、セラミドは失われてしまいます。

ある年齢になると、肌の乾燥が目立ち始めるのは、こうした加齢の影響でセラミドが失われて水分量を維持できなくなるためで、また、化粧水でかぶれたり、衣類や髪の毛が触れただけでピリッと反応し、赤くなったり、かゆくなる敏感肌は、バリヤ機能の低下から外部からの刺激が簡単に侵入するようになったために起こる症状です。

このような状況に陥った場合は、洗顔後のスキンケアとしてセラミドなどの保湿成分を含んだ美容液で保湿することが必要です。

アヤナス通販

洗顔後にたっぷりと化粧水を与えても、それだけでは保湿にはなりませんので注意してください。

保湿成分として美容液に含まれているものにはセラミドの他に、ヒアルロン酸やコラーゲンなどがあります。

また、セラミドを失わないように、今までのスキンケアを見直して正しいスキンケアを身につけることも大切です。